笑顔で借りたお金を踏み倒すつもりだった?東欧美女

学生時代に、欧州の国に留学していたことがあります。ある時、クラスメイトに「悪いけど5ユーロ貸してくれる?」と頼まれました。何でも財布を家に忘れて、近郊のホームステイ先までの電車代がない、と言うのです。その人は東欧から来ている若い女子学生で、モデルのような外見でした。特に親しくしていたわけでもないのですが、困っているのを見過ごすことは出来ないので、5ユーロを貸したのです。

貸したというからには当然返って来るもの、と言う前提が私の中にはあったのですが、その次の日も次の日も、クラスで多く顔を合わせても彼女は全く5ユーロを返すそぶりを見せないのです。ブラックでも借りれる消費者金融です。 ブラックでも借りれる


思い余って「5ユーロ、どうなった?」と聞くと、何秒間もじっと笑顔で私の顔を見つめました。とうとう根負けしたのか、「ごめん、思い出した」としぶしぶ、硬貨で5ユーロを出されました。知らぬ存ぜぬで逃げ切れると思ったのでしょうか。私には残念ながら、美女の笑顔は通用しないのです。

このページの先頭へ