6ヶ月の過酷な生活を耐え抜いて

念願の新生活、そんな心地の良い言葉が叶った時ほど嬉しいことはありませんでした。始めて一人で暮らせることは誰にでもあると思いますが私の場合には実家での居場所といったものがなく親は20歳までには一人で何でもこなせるようになれといった考えの持ち主でした。ですから一人暮らしをするのに少し無理をして当時働いていた会社で引越し代を出していただいたんです。その為に毎月の返済を少しずつでいいとは言われましたが個人的にそれは早く済まさなければと考えて無理なところを更に無理をして毎月5万ずつ6ヶ月返済し続けました。当然ですが手取り15万の収入に対して残り5万となると家賃や光熱費などで2万も残らない状態でした。この6ヶ月間は本当に人生の中で苦しかったとしかいいようがなく食費は月に1万円で一日に5百円でも20日しか持ちません。なので時には何も食べない日もありました。そんな状態で工場での作業をしていたのですが細かい作業なだけに体調がよくないと危険なこともあります。それでもどうしようもなかったので殆ど気力のような感覚で毎日の仕事を続けていました。何も食べれない日は恥ずかしいのでお昼に近状の公園に行って時間を潰したりしてましたが会社に支払いを待ってもらおうかと何度も考えましたが、そこは我慢して何とか返済を終えることができました。親にも相談できず誰にも相談できない性格だけに人より辛い人生かなと思いますが、お金が無く辛かったですが、それでもちゃんと考えていた支払い期間を全うできたので良い経験にもなりました。プロミスやアイフルなど大手消費者金融ではもう借りれない人がたどりつくのが中小金融会社。騙されない安心して借りられる中小の消費者金融をご紹介。 ~ お金借りれない

このページの先頭へ