解雇されて就職するまでお金に困っていました

ある中小企業に正社員で働いていましたが、事業の縮小で解雇されてしまいました。雇用保険の加入期間が短かったので、解雇後の失業手当が出ませんでした。早く就職活動を開始しましたが、就職活動を開始した時には、2ヶ月分の賃料を払えるほどのお金しか残っていませんでした。電気やガスは止められても仕方がないと思って、結果的に電力会社などに私が住んでいる賃貸アパートに流れている電気を止めるように通達しました。結果的に就職するまでは、電気やガスは止まったままの状態で生活する事になりました。幸いにも隣の部屋に住み始めた時から親しい友人がいたので、食料や飲み物などを分けてくれた事がありがたかったです。お金がない状態で困っていた時に、友人から食料の差し入れがあった事で、食費に関しては全くかからなかったので、食事は1ヶ月間は何とか乗り切ることが出来ました。友人の助けを得ながら、2ヶ月分の賃料で就職活動を頑張って行う事に専念しました。会社を解雇されて、1ヵ月後に幸いにも正社員の就職先が決まって、会社も私の貧困の状況を認めてくれて、働き始めた時から先払いとして給料を支給してくれました。生活に困った状況から、会社から先に支払われた給料で生活の貧困を解決しました。

悪徳業者に注意 | 無職でもキャッシングする方法

このページの先頭へ